ワーホリ学生Maggie in オーストラリア 

パリピと陰キャのハーフが法政大学を1年休学してワーホリに来たはなし

わたし離人症なんじゃないかな。

こんばんは!

今日も元気にお仕事してきたよ😃

 

今日は、キッチンとバスをシェアしているシェアメイトかつ、ガイドの先輩が朝ごはんもお昼ごはんも作って食べさせてくれました~わーい!

家の包丁があまりにもちっちゃくて切りにくかったから、わたしが昨日スーパーで新しい包丁を買って、一緒に使いましょう!って言ったからだと思う!

 

日本でルームシェアって全然主流じゃないけど、こっちに来て悪くないな~って思うようになった!

 

 

 

シフトの関係上、15時過ぎから仕事だったから、それまでずっと本を読んでいました! 

 

空き時間は基本的に読書をしてる事が多いかな!娯楽が一切ないから読書が捗る!!

 
f:id:mbcms21:20180714142047j:image
こっちに来る前に友達がくれた本!私とよく似た友達で、まさにドンピシャの1冊!

結構気に入ってて、時々モヤモヤしてる時に読み返す。自分の心の声を聞きながら砂漠を旅する少年のお話。彼女らしいチョイス。

 

ついに、Kindleをダウンロードして、パウロコエーリョのほかの作品にも手を出し始めた!

 


f:id:mbcms21:20180714142015j:image

そして、仰々しいタイトル、「時間と自己」。精神病理学者の本。

 

 

ここでさ、「離人症」っていうワードを初めて知りまして、、

 

ググりました。

 

離人症(りじんしょう、Depersonalization、depersonalisation)とは、自分が自分の心や体から離れていったり、また自分が自身の観察者になるような状態を感じること。その被験者は自分が変化し、世界があいまいになり、現実感を喪失し、その意味合いを失ったと感じる。 (Wikipedia)

だって。

 

それでこの間書いた記事にリンクしてくるんだけど、、

 (2日前の、悲観的ブログをご覧下さい)

 

あれ、わたし、もしかして、離人症じゃない、、?と思い、チェックしてみました。

 


f:id:mbcms21:20180714142517j:image

 

こんなこんな感じで。

 

そして、結果がこちら

 


f:id:mbcms21:20180714142533j:image

 

なんと、重度の離人症でした( 笑 )hahaha

 

元々この「時間と自己」を買った理由は、自分の中に、ハッキリと2人の人物がいるような気がしてて、、

 

別に、無意識的に違う自分になっている二重人格とは異なるし、わたしは1人なんだけど、表面のわたしとあまりにも正反対の自分が心の中を占領している感覚があって、これはなんなんだろうって思って読み始めた本です。

 

その本の中で離人症というのを知って、、

 

あー、わたしこれに近いなあって思う。

 

 

そして、恐らく原因というのも自分の中にはあって。 

 定かではないけど、恐らくそれを境に、ただただ生きていることが不思議に思えることが結構あるの。

 

なんで、どうせ死ぬのに生きてるんだろうっていう漠然とした疑問がずーっと頭から離れなくて。

 

 

ただ、単純に心の底まで幸せってあまり感じられないんだよね。

まあこれは前の記事に書いたと思うけど!

いつでも空虚な感覚に駆られてしまうの。

 

 

変でしょ!( 笑 )

 

 

でも、別にネガティブに自分のことを捉えてるつもりは一切なくて!!

 

離人症なんて名前も、なんか取ってつけたような病名だな~みんな、なんでも病名を知りたがって安心したがるんだろうな、ってくらいに思ってるの!

 

人間生きてりゃ色んなことがあって、いろんな壁があって、それを乗り越えながら、時に諦めながら生きてるでしょ。

そりゃ、その過程で根深い問題を抱えることもあるよなって。

だから、離人症だって変なことじゃないと思うの!離人症と言うとそれらしいけど、病気とも思ってないし!

自分のパーソナリティをただ客観的に理解したかっただけ!

 

 

別に全くもって深刻に捉えていません。

今回のネットのチェックだって星占い程度の感覚!( 笑 )

 

 

 

ただ、これと向き合う人生であることは確かだと思うけど。

 

 

でもね、今は若くて、大きな挫折も英語くらいしかなくて( 笑 )、ストレス耐久性もそこそこあるし、なんとか生き延びてるけど、もっと自分のキャパを極度に超越したストレスに遭遇した時は、だめになってしまうと思う。

 

もしかしたら、生きることを諦めてしまうかもしれない。分からないけど、なんとなく、そんな気もする。

 

 

だから、苦しいことも辛いことも誰かと一緒に乗り越えていって、楽しい時間を作りながら、死ぬ時に、生まれてきてよかったって漠然と思える人生にしたいな、って思うの。

 

Life is beautifulって言って死にたいんだよね。(あの映画は、描写があまりにも現実的じゃないから、実際あんまり好きになれないんだけど笑)

 

 

Anyway!今日も今日とて、陰キャブログになってしまった!( 笑 )

 

今日は実は職場のオージー(19歳!)に星を見に車で少し離れたところまで連れてってもらいました!わたしが、ガイドする予定のスタートークも教えてくれた!

明日もお仕事頑張りまーす。明日は長い一日になるぞ、、