ワーホリ学生Maggie in オーストラリア 

パリピと陰キャのハーフが法政大学を1年休学してワーホリに来たはなし

日本食祭り~!

こんにちは!

 

 

 

先週の日曜日、給料の締めがあってこの間の水曜日給料日でした!

 

えぐいほど入ってた!!(笑)

 

全然働いてないのに!オーストラリアすげえ!!

お金が日本の倍のスピードで貯まっていくよお!!!

お金の話はあと何回かお給料が入って、データが集まったらします。

 

実際メルボルンでもバイトしてたけど、ちょこちょこだし、時給13ドル(違法)で手渡しだったから、今初めてオーストラリアの豊かさを実感してる!

 

最近は手元に本が無くなり、同じ本ばっかり読んでいて、同じアイディアがぐるぐるしています。

早く新しい本が必要だ、、

 

日本から、お母さんと友達2人に本を含めた物資を送ってもらう途中で、合計10冊くらいの本が届く予定です!待てないよお、、

 

日本にいたとき、重度のamazon中毒だったから、そんなに長い間待てません!

kindleもぼちぼち使い始めたよ!あれ、Amazonで買った本がそのまま携帯で読めるのね!すごい!数は少なくなるけど、小説とか手元になくてもいい本だったらいいかも!

 

そして、パースに住むお父さんから食料の郵便が届きました!

 

 

ここはさ、みんなスタッフアコモデーションに住んでいるから、郵便物は自分の家には届かなくて、街に1個だけある郵便局に自分で取りに行かなきゃいけないんだよね。

 

面倒くさいでしょ。

 

 


f:id:mbcms21:20180721164037j:image

 どーん!

 
f:id:mbcms21:20180721164045j:image
どーーーん!!!

 

すんごい贅沢品だらけ!!!!😍😍😍 

 

 

マヨネーズ、醤油、みりん、ほんだし、素麺、カレー粉、お味噌汁、マルちゃん正麺、ふりかけ、海苔、、などなど!!

 

 

興奮が止まらず、みんなに自慢しまくってます!( 笑 )

 

 

 

メルボルンに住んでいたとき、食料はほぼ困りませんでした!

日本に比べたらそりゃ高いけど、アジアンマーケットに大抵の日本の調味料があったし、醤油、みりん、マヨネーズもちゃんと日本のものがすぐ手に入っていた!日本酒とかも買えるよ。

 

ダイソーもあったから、細かい日用品もほぼ手に入る!

でも2.8ドルなので、私たちは300均と呼んでいたけど(笑)

 

多分、大抵のオーストラリアの大きな都市では困らないと思う!

慣れちゃえば値段の感覚も麻痺してくるし。20ドルのラーメン1杯(1600円くらい)を普通に毎週食べるようになる。

 

 

でも、、ここ、Yularaには日本人が15人くらいしか生息していません。

1000人分の15人ほど。

 

醤油とかマヨネーズとかはスーパーに売っているときもあるけど、一度切れると次いつ入荷するかわからなくて、長い間手に入らないこともある。

 日本のインスタントラーメンとか売ってすら居ないよ。

 

 

シティに比べると、なんでもほぼ倍くらいするし、スーパーの入荷はすべて週に2日だけ。

 

入荷の前日の野菜とか結構ひどいよ(笑)

肉とか卵の棚は入荷の前日はほぼ空っぽ。

 

わたし、マヨラーだからさ、キューピーマヨネーズが手に入らないって結構死活問題だったんだよね(笑)

 

あと酒屋もありません!

 

観光客用のバーとかお土産用のワインとかはあるけど、

今まで3ドル~7ドルのチープワイン、ビールをガブガブ飲んでた者からするとお酒飲めない問題が結構しんどい、、(チープワインも結構おいしかったよ!)

 

 

オーストラリアはワインが安いのが取り柄だと思ってたのに、20ドルも30ドルもするワインなんてお金がいくらあっても足りないでしょう~~

 

 

 

だから、父からの郵便物によって、今現在は大興奮でございます。本も2冊入ってたし!!

 

でも、貧乏性だから勿体なくて食べれないな~( 笑 )

 

特別な時とか、すっごい疲れた日とかにちょびちょび消費して行きます、、