ワーホリ学生Maggie in オーストラリア 

パリピと陰キャのハーフが法政大学を1年休学してワーホリに来たはなし

少なくとも最近わかったこと

こんばんは。

 

 

最近も大人と子供の狭間でうーってやってます。

 

 

もうね、私の特技、悩むことなんだよね。

 

 

本当に、、どうしたことやら!

 

 

 

最近は、うーってなりながらも、色んな世界を見ながら、色んな授業を受けながら、すこーしずつ前に進んでいます。

 

 

 

最近、少なくとも分かったことは、わたしはビジネスウーマンにはならないんじゃないかってこと。

 

 

 

やっぱりお金の価値が私にはよく分かってないみたい。

 

 

 

前々から少し思ってたけど、だんだんと嫌悪感が増してきて、お金が必要以上にあるのは嫌だな~てこと。

 

 

 

変だよね、変なんだよ。

 

 

でも、無駄な物に溢れたり、無駄な欲に執着する生き方って、実はとても苦しいのかもしれない。

 

 

 

それでいて、そんなお金を使う時間もなく、自分が何者か、忙しさを理由に、考えることも忘れてしまったら、それは、とても虚しいんじゃないか、と。

 

 

わたしはケインズの考え方って結構好きで、人間は、自分とはなにか、人間とはなにかって考えることが出来るのに、経済の忙しさの中でそれを蔑ろになってしまっているって言うのを問題視した人なんだよね。

 

 

わたしは日本に居て、なんでも新しく買って、古くなったら捨てて、食べきれなかったら残して、、

 

そんな生活に少し慣れすぎてるような気がする。

 

 

そして、それがすごく気持ち悪いことに思える。

 

 

 

お腹いっぱい高級品を食べたって、わたしは別にその事が楽しい訳じゃなくて、。

 

彼氏とか、大切な人、一緒にいて楽しい人という人たちと、細々と、老後の為にお金貯めながら、時々旅行とか身の丈にあった贅沢をして、、

 

 

そんな質素な生活がすごく綺麗だと思うようになったり。

 

 

 

 

それでもまだ若いから色んな欲望があったりするんだけど、死ぬ時には本当にシンプルになって死にたいとつくづく思うの。

 

 

 

所持品とか所持金とかなーんにもなくて、ただ、哲学だけが残っていく死に方ってめちゃくちゃ羨ましい。

 

 

 

 

お金が嫌いと言いながら、大好きな側面があったり、、

 

 

人生難しいですが、だから楽しいと言えるわけですね。

 

 

 

さて、将来どう生きたいのか、、

 

 

まだまだ悩むだろうな、、 

 

 

ヒィ

 

 

 

おやすみなさい